Best Wedding一生に一度の最高のセレモニー

結婚式は2人にとって最高のセレモニーです。一生の思いでつくりのために、素敵な結婚式をしませんか?

TOP 引き出物を選ぶ

引き出物を選ぶ

引き出物はゲストにどうか一緒に祝って下さいという思いをこめて渡すものです。

ですので、新郎新婦の気持ちを伝える大切なギフトでもあります。

この引き出物は地域によっても、随分と違っていたりしますので、地域の習慣などにも気を配る必要があります。

また、品物は2~3品が一般的ですが、遠方からのゲストのことなどを考慮してカタログギフトにすることも多くなっています。

カタログギフトの利点は、遠方の方でも持ち帰りが楽な上に、ゲストが好きな品物を選ぶことができます。

ですが、ゲストの方がカタログを持ち帰っても、なかなか注文していただけなかったりすと、いつまでも式場への支払いが確定しないということもあります。

どんな品物にするにせよ、新郎新婦の心がこもった品物を選ぶことが一番大切なのではないでしょうか?

式場に届ける引き出物

他のお店で購入した引き出物を結婚式場に持ち込みたい事もあるでしょう。

その様な場合には、自宅に引き出物を届けてもらって、自分達で結婚式場に引き出物を持ち込むという方法もありますが、引き出物を持ち運ぶ手間が必要となります。

そのため、引き出物の販売を行うお店の中には、直接式場に商品を届けてくれる場合もあります。商品が到着する日程などについては、よく確認しておく必要があります。式場の住所や連絡先をお店の人に事前に伝えておく必要があります。段取り良く進めていきましょう。何か不備などがあった際には、速やかに伝えないといけません。任せたままにするのではなくて、確認を怠らない様にしましょう。

特別な感じがする引き出物

就職祝いや、お誕生日などいろんな機会にお祝いが行われ、プレゼントが贈られる事もあります。しかし、あらゆるプレゼントの中でも引き出物というのは他とは違って特別です。

引き出物は、結婚式の際に参加してくれたゲストに対して贈られる物です。結婚を機にこれからの人生が大きく変化する事もありますので、引き出物というのは、特別であると言わざるを得ないでしょう。ですので、引き出物を贈るなら、ありきたりな物ではない方がいいでしょう。

また、引き出物となれば、ある程度の価格の物で、それなりに価値がある物が求められます。来てくれた人に対する感謝の気持ちを伝える必要があるので、お礼が伝わる様に心を込めましょう。

重たい引き出物を贈りたい場合

どうしても他にいいと思える物がないという場合には、重い引き出物をゲストに贈りたいという場合もあるでしょう。しかし、そのままの状態で引き出物を贈ると、挙式が終了して帰宅する際に大変です。

しかし、重たい物を引き出物で贈れないという分けではありません。地域によっては、寝具が引き出物として贈られる事もあり、その場合にはゲストの自宅に直接引き出物を届けるという方法が採用されている事もあります。それなら、重たい物をゲストに持ち帰ってもらう必要はありません。また、他の方法としてはカタログギフトとして贈るという方法もあります。自分が贈りたい物があれば断念するのではなく贈り方を工夫する事で解決できる場合もあります。

引き出物は結婚式場に来てくれたお礼です

結婚式場に来てくれたゲストに対してのお礼として配られる品々を引き出物といいます。家の習慣や地域差によって、引き出物の特徴は変わってきます。

かつては披露宴でもてなされた料理を参加していないゲストの家族へ、お土産として渡すケースが一般的でしたが、最近ではそのようなこともなくなって、記念品としてどのゲストにも配るものとしての意味合いで贈られるようになっています。

相場は料理の3分の1程度とされており、どれくらいの料理コースだったのかを示すことができるようになっています。根強い人気の商品が食器類で、多くの新婚が食器類をお返しとして選んでいます。

結婚式の引き出物について

結婚式での引き出物は、新郎新婦からのお礼といただいたお祝いに対してのお返しとして、出席したゲストにお土産として贈られるものです。古くは平安時代に宴のお土産として渡されたものでした。

記念品のほか引菓子やかつおぶしなどの縁起物を渡すのが一般的ですが、品数や入れる品などは、地域によって異なることも多いようです。結婚式の引き出物には、固いきずながほどけないようにという験を担いで、紅白10本の水引を使い、結びきりの熨斗をかけます。以前は、大きくてかさばるものを渡すのが主流でしたが、最近は持ち帰りやすく、ゲストが欲しいものを選べるようにとのことでカタログギフトも人気です。

伝統の引き出物が消滅しつつある

北陸地方の富山県には昔から結婚式の引き出物に細工かまぼこを入れるという風習があり、めでたいという語呂あわせから、鯛や鶴亀といった縁起物の細工かまぼこです。結婚式が終わるとそれを親族は近所に切り分けて配るので、大きくて細工が良いものだと『あそこの娘さんはいい家に嫁だ』となるので、見栄っ張りな富山県民は皆立派なかまぼこを引き出物に入れていたのだが、近年では大きいものは重くなるので、参列者が持ち帰ることを考慮して小さく簡素なものが一般的になってきたような気がします。

昔ながらの伝統は守っていってもらいたいものですが、これも時代の流れなのでしょうか。

ゲストに喜んでもらえる引き出物の選び方

結婚式に招待した人へ新郎新婦から贈る品物を引き出物と言います。相場は披露宴の飲食費の3分の1を目安にすると良いと言われています。例えば、飲食費が1人15,000円の場合は約5,000円が目安になります。最近ではカタログギフトを引き出物に使う人が増えています。ゲストの方が自分で好きなものを選べるので喜んでもらえます。

食器からファッション、インテリアなど一つのカタログに様々なジャンルの商品が載っているので、その人がいま、欲しいものを自分で選べるのが嬉しいポイントです。また、金額も様々な値段の設定のカタログが用意されているので選ぶのも簡単です。

引き出物の記事

メニュー

Best Wedding ホーム 結婚式場 京都結婚式場 ウエディング 京都ウエディング 引き出物 結婚式引き出物 ネームインポエム